植物性プラセンタで効果が高いのは?

植物性プラセンタで効果が高いのは?

植物性プラセンタは、
動物の胎盤同様の働きをする
「胎座」という部分から抽出したエキスです。
植物性プラセンタエキスも様々な商品が出ています。
植物性プラセンタは動物由来のプラセンタよりも、
基本的にアミノ酸、ビタミンなどの栄養素が豊富になっています。

 

しかし、動物由来プラセンタのような
成長因子(グロスファクター)は含んでいません。
体の細胞を修復や再生しないということになりますね。
すなわち、動物由来ほど劇的な
アンチエイジング効果はないということです。
しかし、アミノ酸などが豊富なので
体内の反応経路に利用され、
代謝を活性化させることは可能です。

 

また、BSEなどの安全面においても
植物性プラセンタなら心配ありません。
そのため、動物由来プラセンタが心配な方に、
とても人気があります。

 

しかし、その植物性プラセンタですが、
原料に使われている植物によって少し効果が変わって来ます。
今回は、どの植物を使用したプラセンタが効果的なのか、
肌悩み別におすすめの植物性プラセンタがあるのかなどを
詳しくご紹介します。

 

ライ麦由来のプラセンタは豚由来にはない
ヒスチジンというアミノ酸が含まれています。
ヒスチジンは、成長促進効果、ダイエットの効果、
脳神経を保護する効果、慢性関節炎を
緩和する効果など神経調節の機能があります。
また遊離アミノ酸は豚の5倍もあるのです。
遊離アミノ酸とは体内を循環するアミノ酸の在庫の様なものです。

 

アセロラ由来のプラセンタは、アミノ酸やビタミンが豊富です。
特にスイスの研究所の研究結果によると
他の植物性プラセンタにはない「成長因子」があると報告されています。
しかし、あまり動物由来より安全なのに注目されていないので、
まだ研究段階の可能性が高いのかもしれませんね。
今後の研究に期待が持てます。

 

大豆由来のプラセンタには女性ホルモン様作用がある
大豆イソフラボンが含まれています。
美肌に非常に効果が高く更年期障害などのトラブルにも対応できますね。
ただし、大豆アレルギーの方は注意が必要ですね。

 

メロン由来のプラセンタはアミノ酸が特に豊富です。
特にトリプトファンが多く、
精神安定効果や睡眠作用があります。
グルタミン酸も多くアンモニアの解毒作用などがあり
老廃物を排出させます。

 

そして最もいいなと思うのが
バラのローズプラセンタです。
動物由来と同様に細胞の増殖因子により
ターンオーバーを促進します。
また、線維芽細胞に作用し、
コラーゲン、ヒアルロン酸などの合成を促進します。
さらに、ビタミンCよりも高い抗酸化作用があります。
ローズプラセンタが使ってある
美白と保湿に良い美容液も人気です。
洗顔後のオールインワン ムーンナイトミルク

 

植物性プラセンタのもつ基本的な効果に加え、
他にどのような効果を求めるかで、
選ぶと良いですね。

植物性プラセンタで効果が高いのは?記事一覧

ローズプラセンタとは?効果は?

動物由来のプラセンタではなく、植物由来のプラセンタで、2012年に発売されたばかりの話題のローズプラセンタについてその効果をご紹介します。ローズプラセンタの特許取得及び開発者はなんと日本人の女性なのです。動物由来のプラセンタが安全性を謳っていても、狂牛病やヤコブ病の問題もありますし、どうしても動物の...

≫続きを読む