プラセンタエキスの種類

プラセンタエキスの種類

プラセンタ(胎盤)は、いろいろな栄養素や
成長因子を豊富に含んでいる
素晴らしい臓器ですよね。

 

しかし、プラセンタは胎盤そのままでは
医薬品にも健康食品にも化粧品にも
利用することはできません。

 

ホルモンや血液など持ち主が持っているかもしれない
感染性のある細菌やウイルスを加熱処理や
有機溶剤処理で不活化して、はじめて使えるのです。
そのように処理した物がプラセンタエキスです。

 

プラセンタエキスには、
そのプラセンタ(胎盤)のもともとの持ち主によって
由来が分けられいろいろあります。
ヒト、牛、豚、馬、植物などのプラセンタを抽出して、
様々な医薬品、健康食品、化粧品が作られています。

 

ヒト由来のプラセンタは医薬品限定で認可されています。
商品名はラエンネックや、メルスモンといい、注射剤です。
ヒト胎盤から生理活性物質を抽出したものです。
ラエンネックは、肝機能障害の治療薬で、
メルスモンは更年期障害の治療薬として認可されています。

 

牛由来のプラセンタについてはご存知の方も多いでしょうが、
昔は牛由来のプラセンタがよく使われていました。
しかし、狂牛病の問題があり安全面から使用が禁止になりました。

 

豚由来のプラセンタは、
狂牛病の問題で牛が使えなくなり、
それに変わって現在最もよく使われています。
私が気に入っているスノーヴァの
プレミアムプラセンタも豚由来です。
スノーヴァのプレミアムプラセンタの体験

 

馬由来のプラセンタも人気です。
馬プラセンタのエイジングリペアで若返り体験

 

あとは、たまに羊由来のものも使われています。
セレブが愛するスイスのプラセンタ

 

また、植物由来のプラセンタですが、
そもそも「胎盤」は哺乳類のみに存在する臓器で、
植物にはありません。

 

では植物由来というのはどういうことでしょうか。
実は、植物の胚が動物でいう受精卵にあたり、
胎座という部分が動物の胎盤にあたります。
植物の胎座には栄養素がたっぷり入っています。
この胎座は胎盤と似た働きをすることから、
植物由来プラセンタとして使われるようになりました。

 

植物由来プラセンタエキスとして
よく使われているのが大豆とライ麦です。

 

大豆は大豆イソフラボンという
女性ホルモン様作用でも有名ですが、
このイソフラボン中に含まれるフラボステロンが
プラセンタに似た作用があるそうです。

 

ライ麦のプラセンタの植物プラセンタは
動物プラセンタに比べ6〜8倍のアミノ酸を含み、
植物ならではのビタミン類や抗酸化成分を
含有しています。こちらが人気です。
口コミで話題の若返りサプリ、体に優しいプラセンタ"穂しずく"

 

動物由来で、安全性や副作用が不安な方は、
動物由来に比べ、効果は落ちますが
植物由来を選択するという手もありますよね。

 

このように、プラセンタエキスと言っても、
実に様々な由来がありますので、
よく見て自分に合ったものをセレクトしましょう。
飲むプラセンタエキスの比較

 

 

プラセンタエキスの種類関連ページ

プラセンタエキスの摂り方の種類とそれぞれの効果
プラセンタエキスの摂り方には、プラセンタサプリ、 プラセンタドリンク、プラセンタ化粧品と3タイプに大きく分けられます。
プラセンタエキスの効果を徹底解説
プラセンタには成長因子が豊富に含まれています。 成長因子とは、グロスファクターとも呼ばれ、細胞分裂を活発にし代謝を促進する効果があります。それに伴いさまざまな効果があるので解説します。
プラセンタエキスは飲むのを中止すると効果がなくなる?
プラセンタエキスを飲むことを中止した場合、効果はどうなるのでしょうか?ダイエットのように一気にリバウンドが起こったりするのでしょうか。そのあたりを詳しく解説しています。
プラセンタエキスが必要な年代は?若いと不要?
プラセンタエキスの使用をはじめるのに、年齢は関係あるのでしょうか。若い世代には必要ないのでしょうか?プラセンタエキスの使用に、年齢は関係ありません。その理由と最適な年代についても書いています。