プラセンタエキスの副作用と回避方法

プラセンタエキスの副作用と回避方法

動物由来のプラセンタエキスは胎盤から抽出されていることもあり、
安全性や副作用について心配される方も多いですね。
今回は、プラセンタの安全性や副作用と対処法をご紹介します。

 

プラセンタエキスは、
植物由来の場合は安全性や副作用に関してはほぼ心配ありません。
ヒト及び動物由来プラセンタに抵抗のある方は
こちらを試されると良いでしょう。
ただ、アレルギーのある方などは注意が必要ですね。
例えば、大豆アレルギーの方で、
大豆由来のプラセンタを使うことは
アレルギーが出ますので避けて下さい。

 

動物由来のプラセンタエキスは、
牛由来のものは狂牛病の危険性で
現在ではすでに使用されていませんので
問題ありません。

 

ヒト由来の場合は、医薬品のみ認可されています。
注射剤や内服薬があります。
最近は肝機能治療薬や更年期障害だけではなく
美容目的としてクリニックで注射をする方も増えて来ています。

 

ヒト由来プラセンタは、日本国内で感染症や病原体などの
スクリーニング検査された健康な妊婦さんから
出て来た胎盤を使用しています。

 

また、さらに安全性を高めるために、
血液やホルモンなど感染にかかわる
恐れのあるものは全て除去し、
加熱殺菌処理してあるので、
エイズや肝炎などの心配はありません。

 

昔は非加熱の血液製剤で肝炎やエイズに
感染してしまう例もありましたが、
そのようなことは現在ではなくなり、
厚生労働省からきちんと認可のおりた
医薬品の扱いになるのがヒト由来プラセンタです。

 

ただし、ヒト由来プラセンタの注射剤の場合は、
普通の予防接種や皮下注射などと同じく、
湿疹、発赤、しこり、腫れなどの副反応はおこる可能性があります。
また、一度でもプラセンタ注射をうつと、献血ができなくなります。
注射の前に同意書を書かなければなりません。
これは、ヒト由来プラセンタが危険であるということではなくて、
生物由来の製剤なので理論上100%リスクがないとは言いきれないためです。

 

厚生労働省のお墨付きの成分で、
理論上の数値であるとわかっていても。
同意書や献血ができないとなると、
少々不安な部分も出て来ますよね。

 

そういう場合は、さらなる安全策をとって、
豚由来のプラセンタエキスを選ばれると良いと思います。
医薬品ではなく健康食品やサプリメント、化粧品の扱いになり、
注射より効果が落ちますが、BSE感染の報告もありませんし、
病原体を持たないように監視された状態で育てられた国内産SPF豚を
使用しているメーカーの製品を選ぶとより安全で副作用も少なくなります。

 

さらに、副作用をもっと回避したいという方には、
効果は落ちますが、飲むタイプではなく、
化粧品をおススメします。

 

プラセンタエキスは、いろいろな健康や美容効果もありますが、
このように、使用にあたって懸念されることも出て来ますね。
現在は、いろいろな選択肢がありますので、
効果と安全性、副作用などのメリットやデメリットを
考慮しながら、上手にプラセンタエキスを使いましょう。
飲むプラセンタエキスの比較